「御霊前」と「御仏前」の違いは?正しい不祝儀袋の選び方

どうも、零士です。

お通夜やお葬式などの際に香典を渡しますよね。香典は不祝儀袋に包んで渡すのが一般的です。

しかし、香典に使用する不祝儀袋には「御霊前」と「御仏前」と記載されているものがあります。

この二つは宗教や宗派、香典を渡すタイミングなどにより使い分ける必要があります。

そこで今回は「御霊前」と「御仏前」の使い分けなどについて紹介致します。

「御霊前」と「御仏前」ってなに?

「御霊前」とは、亡くなった方の「霊」の前に備えるという意味があり、字のごとく「霊の前」に備えるので御霊前と言います。

「御霊前」は通夜や葬儀などの際に参列者が遺族に弔慰金(香典)を渡しますが、その香典袋や不祝儀袋に記載されています。

「御仏前」とは、亡くなった方の「仏」の前に備えるという意味があり、字のごとく「仏の前」に備えるので御仏前と言います。

「御仏前」は通夜や葬儀などの際に参列者が遺族に弔慰金(香典)を渡しますが、その香典袋や不祝儀袋に記載されています。

つまり、「霊の御前」に備えるのが、御霊前で、「仏の御前」に備えるのが御仏前となります。

ここでいう「霊」と「仏」とは仏教の教えにより分けられています。

仏教では、亡くなった日より49日間は「霊」としてこの世に存在し、49日目に成仏(仏に成る事)すると考えられています。

ですので、亡くなった日より、49日日間は「霊」ですので、使用する香典袋やご祝儀袋は「御霊前」、49日目を過ぎた後は「御仏前」を使うのが一般的となります。

つまり、通夜や葬儀の際は「御霊前」、一周忌法要などでは「御仏前」を使います。

どうも、零士です 若い世代の方などは、お通夜に参列する機会などは少ないと思います。そのため、通夜の時の服装や持ち物、マナーなど...

四十九日法要ではどちらを使うべき?

仏教において、死後49日間は死者は「霊」になると考えられています。そして49日目を過ぎると「仏」になるとされています。49日目は故人の魂の行き先が決まる大事な日とされています。

そこで故人がより良い場所に行けるようにと、親族たちが集まり法要を行うのが四十九日法要です。

「霊」から「仏」になる日でもありますので、「御霊前」、「御仏前」どちらを使うべきなのか迷ってしまう方もいるかも知れません。

四十九日法要の時点ではまだ「霊」と考えられていますので、この時に使用する香典袋は「御霊前」が一般的です。

しかし、地域によっては四十九日法要から「御仏前」を使う場合もありますので、確認できる場合には確認をしておいた方がよいでしょう。もし分からなければ「御霊前」を使っておけば問題はありません。

仏教の場合の御霊前と御仏前使い分け一覧

通夜・葬儀・初七日・四十九日法要 初盆・一周忌・三周忌
仏教の場合 御霊前 御仏前

宗教により、御霊前・御仏前の使い方が変わる

御霊前や御仏前と言った考えた方は仏教の教えです。しかし一口に仏教と言っても、さまざまな宗派が存在し、宗派によって死生観も変わるため、考え方が違いますので、使い方も変わります。

また宗教自体が違えば、考え方が違いますので、これによってもかわります。

そこで、宗教や宗派が違う場合の使い分けを見ていきましょう。

浄土真宗は通夜でも「御仏前」を使う

日本では仏式の葬儀が多数派であり、同じ仏教のなかでもさまざまな宗派が存在します。宗派によって死生観が違い、考え方も異なります。

先程述べたように通常の仏教式の通夜では「御霊前」を使うのが一般的です。しかし、同じ仏教でも「浄土真宗」の宗派の場合は、通夜でも「御仏前」を使います。

浄土真宗では「霊」という概念がなく、人は臨終と同時に成仏(仏に成る事)すると考えられています。

そのため、通夜や葬儀でも香典の表書きは「御霊前」ではなく、「御仏前」を使うのが正式となっています。

御霊前は神式やキリスト教式でも使用可能

日本には仏教式の葬儀の他にも神道(しんとう)と呼ばれる宗教があり、その宗教で行う葬儀を「神式」と言います。

神道は日本古来の神々を祀る宗教であり、古くから日本に存在している宗教です。

こちらの神式の場合では一般的に香典の表書きは「御玉串料」です。

また日本ではそんなに数多くはないですが、海外などではメジャーなキリスト教式の葬儀の場合もあります。

キリスト教式の場合では一般的に香典の表書きは「御花料」です。

しかし、上記の様なタイプの葬儀の場合でも「御霊前」を使う事ができます。

神道では、人は亡くなったら「御霊になる」、キリスト教では亡くなったら「霊魂となって神に召される」と考えられています。

どちらも「霊」の概念がありますので、「御霊前」を使っても問題とされています。

まとめ

・仏式の場合は、一般的に通夜・葬儀の場合は「御霊前」、四十九日法要以後は「御仏前」を使う

・浄土真宗など通夜・葬儀の時から「御仏前」を使う宗派もある

・神式やキリスト教式でも「御霊前」が使える

シェアする

フォローする