【カザスプラスから別の電子錠に変更!】日本製電子錠イージスゲートをつけてみた

どうも、零士です。

今回新しく我が家に電子錠を取り付けてみました。
取り付け時の過程と感想について記事にしてみましたので興味あるかたは是非読んでください。

一昔前は電子錠と言うとセキュリティの高いマンションですとか企業なんかが使っているイメージでしたが最近では戸建て住宅にもついているお家をよく見かけるようになりましたね。

最近の新築住宅は電子錠付きの玄関が多い

最近の新築戸建て住宅なんかですと建売住宅でも最初から電子錠がついている事も多いです。
実際我が家も建売住宅なのですが電子錠は最初からついてました。玄関ドアは「LIXIL」製でついていた電子錠は「カザスプラス」という電子錠です。

こちらの「カザスプラス」は文字通り事前に登録したICカードをかざすだけでドアの解錠及び施錠ができてしまうという優れものです。

でも最初から電子錠がついているなら別に新しくつける必要ないよね?と思われた方も多いと思いますが私はどうしても電子錠のある機能が欲しかったのです。
そのある機能とはずばり「オートロック機能」です。

オートロックでもメーカーによって機能の違いがある

オートロックはマンションのエントランス入り口なんかにもよく使われている機能ですが扉が閉まると自動で施錠をする機能です。
私はこのオートロックがどうしても欲しかったのです。

正確に言えば先程の「カザスプラス」にもオートロックはあります。しかし今回新しくつけた後付けの電子錠のオートロックとは少し性能が違います。

「カザスプラス」のオートロックは室外側からICカードで解錠ドアを開けるドアを閉める自動で施錠という流れで自動施錠になります。
しかし外出時に室内側から鍵を開けるドアを開けるドアを閉めるという場合オートロック機能は働きません。

これは推測ですが室内側から鍵を開けて外に出る時にオートロックが働かないのは、閉め出しを防ぐためだと思います。
(例えばちょっとそこまでゴミ出しなんかで家を出た場合、ICカードキーも通常の鍵も持ってなかった場合オートロックが働くと家に入れなくなってしまう)

なので安全策として敢えて上記のような、鍵を持たずに出てしまった場合にも大丈夫な様に設計されているのだと思います。
しかしこれでは例えば外出時にうっかり鍵をかけ忘れた場合などには、当然オートロック機能は働きません。

私が求めていたのは外出時にうっかり鍵をかけ忘れても自動で閉まってくれるオートロック機能であったため、今回交換する事に致しました。

閉め忘れ防止機能付きの電子錠のメリット・デメリット

閉め忘れ防止機能付きの電子錠は閉め出されても大丈夫な様に指紋認証や暗証番号式の物が多いです。

上記のタイプの電子錠のメリットとしては

・うっかり鍵を掛け忘れてしまっても大丈夫
・子供に鍵を持たせるのに不安を感じている人に向いている
・鍵の持ち運びが必要なくなる。
・暗証番号やICカード紛失時に鍵交換をせずに設定をリセットする事ができる物がほとんど。(ICカードで解錠できるタイプ付きの場合)

デメリットとしては

・価格が少し高め
・もし電子錠が壊れてしまった場合電子錠を破壊して開ける必要がある

中でも特によく鍵をなくしてしまう方や、家を出る際にうっかり鍵を掛け忘れてしまうなんて方にはうってつけの商品だと思います。

これを設置していればうっかりの鍵の閉め忘れの心配もなくなります。

また万が一鍵を落としてしまったとしても、登録していたカードキーをリセットすれば、以前のカードキーでは解錠できなくなりますので鍵を変える必要もありません。鍵の交換って実はすごく高いんですね。おおよそですが、1回あたり3~4万円程はします。

今市場で売られている後付けの電子錠は閉め忘れ防止機能付きのものが多く、種類も豊富にあります。いろいろと思索した結果、日本製の電子錠AEGIS GATE(イージスゲート)に決めました。

こちらの電子錠は本社が大阪にある会社の製品でネット上での評判も良かったです。気に入った部分が多いですが決め手となった理由が既存の鍵(錠ケース)を流用して使えるため大掛かりな工事が必要なく、また交換も簡単に行える事でした。価格面でもかなり安い方の電子錠だと思いますし、デザインも気に入りました。

鍵屋さんに頼んで新しく電子錠をつけてもらうとそれなりの金額になってしまうと思いますが、「イージスゲート」はプラスドライバー1本あれば10分程で取り付けできてしまうので余計な費用をかけたくないという方にはお勧めです。

取り付けの際にはこちらのサイトに大変お世話になりました
鍵の鉄人

自分の家の玄関ドアが「イージスゲート」を取り付け可能かどうか詳細に記載されています。
また取り付け説明動画も配信されていて非常に分かりやすくなっています。

今回交換するに当たって、まず最初にこちらのサイト上部の方にある「☆重要☆ご注文前の確認事項」にて、自宅のドアが「イージスゲート」取り付け可能か確認を行いました。

ふむふむ。どうやら我が家の玄関ドアは加工なしで取り付けられそうです。という事で「イージスゲート」を購入!電子錠の中では安い方だと思いますが、それでも高価ではある事には違いないです。正直痛い出費ですが背に腹は代えられないため、やむなし。


商品が届きました。
外箱はこんな感じです。なかなか良さそうです。


中身はこんな感じです。専用のICカード3枚とICタグが1枚標準でついてますがこちらの製品は「nanaco」・「WAONカード」などの電子マネーICカードや「Suica」などの交通系ICカードも登録できますので付属のカードを追加で購入する必要性は低いと思います。最大20枚まで登録できます。


これが今回交換する我が家の鍵です。リクシルの玄関鍵シリンダーがついてます。鍵の上に標準で装備されていた「カザスプラス」がついてます。ワンドアツーロックの鍵ですが2個ある鍵の内、上の鍵穴部を「イージスゲート」に交換します。


まずはサムターンカバー(外側の円の部分)を外します。少し硬いですが引っ張れば外れます。続いてサムターンを外します。(サムターンの外し方は鍵の種類によって若干変わる)のでよく調べておきましょう。


サムターンを外し終わりました。中から「カザスプラス」用の配線コードが見えていますが「イージスゲート」取り付けには不要の為、穴の中に入れておきました。(あまり穴の奥までいれてしまうと再度「カザスプラス」に戻したい場合取り出せなくなってしまうので注意しながらいれました)


サムターンを固定用の台座も外します。外し終わると上記のような感じになります。(MIWA製LSPタイプの場合)


動画の手順通り室外ユニットの裏カバーを外し、固定用の引き足金具を取り付け、それをドアの外にあてがってみたところ、なんという事でしょう。「カザスプラス」のICカード読み取りリーダー部分に当たってしまい、このままだと浮いてしまいます。これはまずい。という事で急遽、室外ユニット用の台座を作る事にしました。


「カザスプラス」のICカード読み取りリーダー部の厚みが4mm弱だったのでホームセンターへ同じ位の厚みのゴムプレート(4mmはなかったので3mm厚)を購入。


それを室外用ユニット用の裏プレートと同じ形にくり抜き、読み取りリーダー部が当たる所もくり抜きました。
くり抜いたゴムプレートを裏プレートにゴム糊で接着。それを再びあてがってみた所、ばっちり同じ位の高さになりました。


続いて室内側につける室内ユニットの取り付け位置確認。
こちらは事前に室内ユニットの大きさ的にドアガードを外さないと付かないことは分かっていたので、ドアガードを外しました。


後は動画の手順通り取り付け作業を進めていきます。室内ユニットも問題なく取り付けできました。


台座を付けましたので室外ユニットが浮くこともなく無事に取り付けできました。

取り付け完了 結果にすごく満足

無事に取り付けも終わり完成です。うーん。。。素晴らしい!見た目も悪くない!
けど正直言うと上の「カザスプラス」の読み取りリーダー部がない方がすっきりして見えますがこれは外せないので仕方ないです。後でここを隠せるようなブラケットカバーのようなものを探して、あれば取り付けようと思います。

まず期待していたオートロック機能。これが実に素晴らしい。
扉が閉まった後自動で鍵がかかります。外出時には鍵をかける必要がありません。
説明書によりますと扉が閉まった後5秒後に自動で施錠となっていますが実際は2秒くらいで閉まっている感じがします。

ストップウォッチで測った訳ではないのであくまでも体感によりますがそれでも5秒は経ってないと思うスピードで閉まります。
まあ個人的には特に不満はないので問題ありません。

暗証番号も最大12桁の番号で登録が可能ですが、我が家では基本的にカードを使用しての解錠をしています。
外出する時は鍵を掛けなくて済み、帰ってきたときもカードをかざすだけで解錠できるので非常に楽です。

取り付けも楽でしたし、我が家にとっては文句なしの買い物でした。

取り付け後、各種設定時に注意

早速、暗証番号変更やICカード登録の設定を行った所、何故か動作がおかしい。
通常登録したICカードで鍵が開くはずなのに鍵がかかっている状態だと何も起こりません。
でも鍵がかかっていない状態でICカードをかざすと鍵がかかってしまいます。

それだけではなく鍵がかかった状態で玄関の外から室外ユニットの「0/🔓」のパネルをタッチするとそれだけで鍵が開いてしまいます。
「なんで??これじゃ誰でも開けられるし、鍵でもなんでもない」と思わず独り言を言ってしまいました。

まさか初期不良品?とか思いながら説明書をじっくり読んだ所、初期設定だと右勝手用になっているとの事でした。我が家の玄関ドアは左勝手用の為、「もしかしてこれが原因か?」と思い、説明書の通り右勝手用から左勝手用へ変更。すると正常な動作になりました。説明書をよく読んでなかった故の勘違いでした。

なにはともあれ各設定も無事に終了し、念願だったオートロック機能も動作を確認。これで万が一鍵を掛け忘れても自動で閉まってくれますし、鍵を落としてしまったとしても初期化さえしてしまえば鍵を変える必要もないのでお財布的にも安心です。

しかしながらあくまでも電化製品であるため、機械的に故障した場合は鍵を壊してあける必要があるのでその覚悟と、鍵屋さんの連絡先を覚えておかないといけないですね。

シェアする

フォローする