ゴキブリはエアコンのホースからも侵入する!そこでお勧めなのが100均で売っている防虫ドレンキャップ

どうも、零士です。

みなさんも一度は見たことがあるであろうゴキちゃん。

好きだという方はおそらくかなりの少数派でしょう。そんなみんなから嫌われているゴキちゃんですがもちろん、私も大の苦手です(*´Д`)

あいつらはいつ侵入してきたの!?って言うくらいどこの家庭にもするりと入り込んできますので、本当に厄介なやつらですよね。

そんな厄介なゴキちゃんですが、実はエアコンのドレンホースから侵入する事もあるという事はご存じでしたでしょうか?

エアコンのドレンホースとはエアコン稼働時にでる水を排水するためのホースで、通常は室外機の配管パイプと一緒に結束されている事が多いです。

このドレンホースの穴から虫やゴキちゃんなどが侵入し、なんと家の中に入ってくることがあるというのです!

アンビリーバボー・・・・(@_@)

そんなのはまるで盲点でした・・・・

知ってしまったからには対策をしなければなりません。そこで今回私が対策した方法が100均で販売している防虫キャップを取り付けるでした。

今回購入した商品がこちらです。

100均の「セリア」で購入した防虫キャップ

2個入って100円(税抜き)ですので、お得感がありますね。ちなみに私がよく行く100均の「ダイソー」では売っていませんでした。

同一商品をネットショップでも見かけましたが、おそらくセリアの方が安いと思います。

裏面は説明書になっています。

中はこのような感じになっています。確かにこの隙間ならゴキちゃんでも通れなさそうです。

これは期待が持てそうです。

早速取り付けていきます。

こちらがエアコン室外機のところにあるドレンホースです。見ての通り、通常はこのように穴がむき出しになっています。

確かにこれだと、場合によってはゴキちゃんが上ってきてしまうかも知れません。

恐ろしや~~( ;∀;)

しかし、防虫キャップの存在を知った今なら恐れる事はありません!

取り付け方は非常に簡単です。

防虫キャップをドレンホースに差し込むだけです。ぐっと押し込んでいきます。キャップには返しが付いていますので返しがホースの中に入るまで押し込みます。

返しが入れば、自然に抜けてしまうという事もないと思います。防虫キャップを差し込んだら抜けないかどうか、軽く引っ張ってみて確かめてみましょう。

ホースに取り付けが完了しました。

中の穴からこれまで通り、エアコンからによる排水はできますが、ゴキちゃんが上がってこれる程の穴はありませんので、ここからの侵入はもうできないと考えていいでしょう。

※この穴より小さい虫等は入ってきてしまう可能性もあります。

しかし防虫キャップだけではちょっと心配だったので、防虫キャップを差し込んだ上にネットを取り付けました。最近はこのネットはあまり見かけませんが、昔よくミカンなどがこのネットに入って売られていましたのでそれを使いました。(オクラなどが入っているネットでも使えると思います。

これなら目が粗いので水が詰まることもありません。防虫キャップとダブルで虫の侵入防止に期待です!ちなみにネットを止めている結束線は「ダイソー」に売っている園芸用ビニールひもを使用しました。

たまに、洗濯ネットや、ストッキングをエアコンドレンホースに被せている方も見受けられますが、この二つはできれば避けたほうがいいと思います。これはら目が細かいので次第にゴミやホコリが溜まっていき最終的に目詰まりしてしまいます。

目詰まりしてしまうとドレンホースから水が排出されず、最悪の場合水が逆流して、エアコンから水漏れが起きる可能性があります。

もうひとつ虫が入ってこないように工夫をしました。上記の写真をみて頂きたいのですが、ドレンホースの先端が宙に浮いていると思います。このように先端を宙に浮かせておけば、更に虫が侵入しづらくなりますので、可能であればこのようにした方がいいでしょう。

こんかいの対策によりおそらくは、エアコンドレンホースからの侵入経路は潰せたと思います。しかし、ゴキちゃんはさまざまな経路から侵入してきますので油断はできませんね(*´Д`)

シェアする

フォローする