【新型アドレス110のポジション球をLED化!】 やり方を分かりやすく解説

どうも、零士です。

ちょっと前に新型アドレス110を購入し、通勤やちょっとしたお出かけなどでちょこちょこと乗っている今日この頃です。

私はあまりカスタム等はしないタイプなので(本当はカスタムに興味があるがお金がない(笑))、基本的にはノーマルで乗っています。

しかし、新型アドレス110はポジションランプ交換が簡単らしい?という事を知りました。そこでポジションランプ交換をしよう!と思い立ちました。

ポジションランプと言えば一般的に「T10型ウェッジ球」ですね。このLEDバルブは1個数百円で買えるLEDバルブですので、これなら交換も安上がりで済みます。Amazonなんかですと購入数が100個とかの単位なら激安で販売してます。1個当たりの単価が数十円のものもあるようです。

しかし、そんなには必要ありません。2個で十分です。メルカリやラクマなどで2個で300円程でたくさん販売されています。

私は楽天の期間固定ポイントが残っていましたので、ラクマにて消費するため、ラクマで購入しました。

ラクマでの期間固定ポイントの使い方については後日、解説したいと思います。

こちらが今回購入したT10型LEDバルブです。ラクマで2個300円で購入しました。
写真は1個ですが、ポジション球は左右に1個ずつ、付いていますので2個必要です。

ちょっと順番が前後してしまいますが、上の透明の電球が、純正のポジション球です。
取り外す前はこのランプが付いています。
下のが今回交換するLEDバルブです。

大きさは少しLEDバルブの方がコンパクトですね。一つだけ取り扱いで注意して頂きたいのがLEDバルブについている銀色の線の部分ですがこちらは素手で触らないほうがいいです。

この銀色の部分は電極で、素手で触ることにより人の油分などが付着するとそれが原因で点灯不良を起こす可能性があります。ですので取り扱い時は薄手のビニール手袋などを使用しましょう。

それでは早速交換をしていきたいと思います。

アドレス110のポジション球交換は本当に簡単で、特別な知識などなくても誰でも交換できるようになっています。もちろん工具などは一切必要ありません。

こちらが今回交換するアドレス110です。

まずはバイク正面から向かって右のポジション球を交換していきます。

矢印のついたところにポジション球があります。これをまずは取り外していきます。
最初にハンドルを左に前回まで切りましょう。そうすると下から手を入れることができる空間ができます。

正面から見て右のポジション球を交換する場合:ハンドルを左に全開で切る
正面から見て左のポジション球を交換する場合:ハンドルを右に全開で切る

ハンドルを全開に切ると、下にこのような空間ができ、手を入れることができます。

拡大した写真がこちらです。矢印のところの出っ張っているところを少しだけ回すとでっぱりが穴の位置にきますのでその位置で手前に引っ張ります。

丁度、この位置に出っ張りがきたら、あとは手前に引っ張ればカプラーが抜けます。

カプラーがぬけましたら純正のポジション球を外します。ポジション球は単純に引っ張れば抜けます。カプラーのように少し回したりしないで、そのまま引っ張ればOKです。

ポジション球が抜けましたら写真のようになっています。

純正のランプがとれましたら、今度はLEDバルブを差し込みます。こちらも同じく押し込むだけではまります。押し込んではまりましたら写真のようになります。

このときも素手で電極に触れないように注意しましょう。

ポジション球を付けたら戻す前に一度、点灯するかを確認しましょう。

というのもT10LEDバルブは極性があるものがほとんどです。極性があるタイプですとはめる向きが逆だった場合、ランプがつきません。

ですのでランプを付けた後に、一度点灯確認をします。ランプをつけるだけであれば、キーを回し、アクセサリー状態にすればOKです。エンジンをかける必要はありません。

ということで、確認のため、キーを回し点灯確認です。

今回は無事付きましたので、差し込む向きは合っていたようです。もしここで点灯しなかったら、一度LEDバルブを外し、差し込む向きを変えてみましょう。それで点灯すると思います。向きを変えても点灯しなければ、バルブ不良の可能性もあります。

点灯確認が済みましたら、カプラーを元に戻しましょう。元の位置にはめ込みます。

穴の位置に注意しましょう。

はまったのを確認したらカプラーを回し、左色のストッパー(赤矢印)にあたるまで回します。これで抜けなくなります。

これで、右のポジション球交換が終わりです。続いて今の手順と同様に左のポジション球を交換します。

周囲が暗い状態で、交換前と交換後を並べて比べてみました。

左の写真が交換前。

右の写真が交換後。

交換前はオレンジに近い色合いですが、交換後は白に近い色合いになっています。

どちらがいいかは好みの問題だと思いますが、私は白っぽい光が好きなので断然交換後の方が好きです。

簡単に交換できますので、興味がある方は是非試してみてはいかがでしょうか?

シェアする

フォローする