新型アドレス110を購入しました!今流行りの原付2種はやはりコスパ最強!

どうも、零士です。

最近は暖かくなってきて、バイクに乗っていて気持ちいい季節ですね。

というか、すでに夏日が何日も続いたりして、暑いくらいです。

私も愛車のCBR1100XXでツーリングなんぞを楽しんでおります。

そんな折ですが、なんと私つい最近、新型アドレス100を買ってしまいました!

というのも、私の奥さんが車通勤をすることになり、ほとんど車が奥さん専用車になってしまったんです。(;_;)/~~~

まあ普段の平日は私もそんなに車を使わないので、構わないのですが土日なんかも割とお互いが車を使いたいなんて状況がしばしばあったこともありました。

やはり夫婦それぞれで車を使いたいなんて状況があれば、車をもう一台買うという案もあるのですが、車2台はそれなりに購入費・維持費がかかります。

しかも我が家は駐車スペースが1台分しかないので、新に車を買ってしまうと駐車場も借りなくてはいけなくなります。

そこで車両価格・維持費ともに安い原付バイクを買おうという事になり、今回の購入に至りました。

まぁ、車が使えなければCBR1100XXを乗れば済む話ですが、いかんせん大型バイクを日常的に乗るのも大変なんです。やはり下駄としてのバイクが欲しくなります。

最初は原付でもいいかなーなんて思ってたんですが、やはり今人気上昇中の原付2種にしようと思い直しました。

ライダーの方はよくご存じだとは思いますが、原付には1種と2種があります。

この違いは後日、詳しく解説していきたいと思います。

原付2種でいいバイクないかな?と探していたところ、アドレス110に行きつきました。

アドレス110に決めた3つの理由

1・車両価格の安さ

アドレス110の最大の魅力はなんと言っても、車両本体価格の安さです。

メーカー希望小売価格で213,840円(税抜198,000円)です。

これは他の原付2種と比べてもかなり安い金額設定になっています。これはあくまでもメーカー希望小売価格ですので、実際の価格は販売時期や、販売店により異なりますのであくまでも参考としてください。

とはいえ、どの販売店でもこの金額を上回るという事はほぼないと思いますので、この表示価格よりも安く買える場合がほとんどです。

ちなみに私が購入した時は、自動車損害賠償責任保険(通称自賠責保険)を5年にして乗り出し価格で198,000円でした。おそらく原付2種クラスではトップクラスに安い車両だと思います。もちろん中古などではなく、新車ですよ!

2・燃費の良さ

アドレス110に決めた理由の2番目として、燃費の良さです。

カタログ上の燃費は以下のようになっています。

定置燃費(60km/h)2名乗車時の場合:53㎞/L

WMTCモード値(クラス1)1名乗車時:48.9km/L

最近はWMTCモード値による燃費表記も多くなってきましたね。

定置燃費値とは?

車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。

WMTCモード値とは?

発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された 排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。 走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類 されます。

定置燃費値は従来からの燃費表記方法ですね。しかし、速度を60kmに保ったままずっと走り続けた場合の燃費であり、あくまでも理論値でしかありません。

実際に街中などを走った場合は、信号待ちなどにより、発進・加速・停止などを何度も繰り返すことになります。ですので実際の燃費は定置燃費値よりも悪くなります。

でも最近はWMTCモード値による燃費値表記も載せる事が増えてきました。WMTCモード値は実際の燃費値により近い計算方法ですので、こちらの燃費を基準に考えるといいと思います。

つまりアドレスはガソリン1Lで約49km走るという事です。これはとても素晴らしい燃費値ですね。

※実際は運転状況などさまざまな要因により、燃費は変化しますのであくまでも目安としてください。

アドレス110は燃費は割といいほうですが、燃費だけを考えた場合、もっと燃費のいいバイクはたくさんあります。例えば燃費の良さの代表格といえる「スーパーカブ」などや、DIO110などなど。

私は、日常使い用のバイクを探していましたのでギアチェンジのいらないスクータータイプを買おうと決めていました。

アドレス110はスクータータイプの中では割と燃費のいいバイクです。そういった意味で購入動機としては十分です。

ちなみにバイクを買う際に燃費を重視される方も多いと思いますが、車種別の燃費の違いによる、ガソリン代の比較を検討したい場合は、下記のサイトが非常に参考になりますので是非ご覧ください。

ガソリン代燃費コスト計算

こちらのサイトの計算式を使えば、燃費の違いによるガソリン代のコストがおおまかに分かると思います。

私も最初は燃費がいいと評判のDIO110も検討していたのですが、乗り出し価格と燃費の違いによるガソリン代の節約額を比較した結果、乗り出し価格の安いアドレス110に決めました。

3・デザイン性

三つ目の決め手として、アドレス110のデザインが純粋に格好いいと思ったからです。

スタイリッシュなボディとフロントの見た目などが私好みのデザインだったことです。車両カラーについては「ブリリアントホワイト」か「トリトンブルーメタリック」にするか最後まで悩んだのですが、「トリトンブルーメタリック」に決めました。

でも、街中で「ブリリアトンホワイト」のアドレス110を見かけたりすると、そっちもいいなーなんて思ったりすることもあります。まぁ「隣の芝生は青く見える」というやつでしょう。

アドレス110が納車されました!

ほぼほぼ、アドレス110を買うことは決めたのですが、実物を見てみたら、「アレ?なんか思ってたのと違う・・・」なんて事はよくあることです。

ですので、まずはお店で実際のアドレス110を見させてもらうことにしました。実物をみて、特に残念な印象等もうけませんでしたので、その場で購入手続きをすることに。

当然、その場で乗って帰ることはできませんので、契約書を交わしたのち、後日市役所に行き、ナンバープレートの交付を受けて、販売店に持っていきました。

そして、ついに納車です!

うーん・・・イイ!すっごく気に入りました。

なんていうか、すごく買ってよかった。

シートも大きいので余裕でタンデムもできそうです。純正でサイドスタンドもついていますので短時間の駐車の時に役立ちそうです。

リアキャリアも純正で付いていますので、リアボックスの取り付けも簡単そうなのが嬉しいですね。

またこのクラスのスクーターは通常12インチホールを採用していることが多いのですが、アドレス110は14インチホイールとなっています。これにより、高い直進安定性が生まれますので、直線の多い道路では走りがすごく安定しそうです。

セキュリティ対策もしっかりとしました

スクーターなどは割と盗まれることが多いという事で、セキュリティにも力をいれました。新車という事もあり、盗難被害に遭うことは避けたいですからね。

ひとまず、盗難対策として有効なのはシートなどを被せることにより、車種を特定させない事です。ひとまずバイク用のシートは購入しました。

しかし、バイク用シート1枚だけですと、紫外線などによりシートがすぐに劣化してしまうので、シートを2枚被せる事をお勧めします。2枚重ねにし、上に被せるシートが劣化してきたら、下のシートを上にして、もう一枚新品のシートを被せるといい感じになると思います。

私もシートを2枚買おうと思っていたのですが、バイクやバイク用ロックなどを買ったこともあり、財政難に !\(^o^)/オワタ

仕方ないので今回は応急的に、100均のダイソーで「ミニバイクカバー」を購入してみました。とりあえず紫外線による劣化をこのカバーで抑えられればいいので、何もないよりはましでしょう。

あとこちらのカバーは風防止用のバックルやベルトといった気の利いたものはついていません。まあ100円ですからね。そこまで求めるのは酷というものです。

ですので同じくダイソーにてフック付きのゴムロープも購入。

こちらがAmazonで購入したバイク用ロック。見た目が太そうなこともあり、防犯効果が期待できそうです。ちなみにお値段はおよそ1,200円程でした。

Amazonの商品ページはこちら

こちらもAmazonにて購入したアラーム機能付きの南京錠です。この南京錠が振動を感知すると約110dbもの大音量で警報を発するというものです。

実際に鳴らしてみましたがびっくりするくらいの大きい音量でした。この手のものは感度が良すぎたりすると、風やちょっとした振動などで鳴ってしまし近所迷惑になってしまうなんて事がよくあります。

ですが、こちらの商品はあまり感度が良くないため、ちょっと揺らした程度ではなりませんでした。逆に感度が良すぎないので、使い勝手がいいと思います。

写真はすでに開封済みのものですが、南京錠に黄色く張ってあるのは中に入っていた説明書?の一部みたいのをカットして自分で貼り付けただけです。このようにすれば、万が一盗難被害に遭いそうになっても、アラームロックに気づいたら未然に諦めてもらえるかも知れません。この、黄色い文字のラベルは最初から鍵についているわけではないので、ご注意ください。

Amazonの商品ページはこちら

ダイソーで買ったミニバイクカバーとゴムロープを早速、既存のシートの上に被せてみました。まあ最初から分かってたことですが、ダイソーのカバーはペラッペラです。ちょっとひっかけただけで破れそう…。

まあとりあえずは下のカバーの劣化を防いでくれれば御の字です。耐久性については不明ですが、半年持てばラッキーかな?

実際の乗ってみた感想

走行性能としては非常に軽快です。初速もそこそこありますので、後続車に煽られるという事もなさそうです。一般的な125ccと比べても遜色なく、110ccであるデメリットは感じられません。

また車体も総重量99kgと100kgを切っており、取り回しが非常に楽です。押したり引いたりすることが多い人にとっては、かなり魅力的な点だと思います。

ただ一つ、難点として、足元が若干狭い気がします。足元がフラットなので足を伸ばして運転することができないです。そこだけが気になりましたが他は全て満足のいくものでした。

もし、これから125ccのバイクを買おうと考えている方がいましたら、新型アドレス110も候補に入れてみてはいかがでしょうか?

シェアする

フォローする